Top > 個人情報収集のガイドライン

個人情報収集のガイドライン

目次:

参加者個人情報収集の原則

  • 参加者の個人情報の収集は、円滑な運営および参加者同士の交流の促進のために行う。
  • 必要ない情報(あっても使わない、使えない)は収集しない。
  • 収集する目的を明確にし、説明を求められた場合には応じる。

収集する情報の参考例

この考え方に基づき、過去の開催での実績を踏まえると、集めることが必須な情報、あると便利なものは次のようになります。

テンプレートとして活用してください。必ずこうしなければいけない、というものではありません。

必須なもの(運営上ないと困るもの)

  • 名前(通称でも可)
  • 連絡先(メールアドレスetc):運営側からの連絡手段として
  • 年齢またはそれに類するもの :懇親会での会費クラス分け、飲酒の是非
  • 写真撮影の可否(写真撮影のガイドライン?を参考)

あると便利なもの(特に交流目的で)

  • 出身、在籍する高専・学科・学年
  • 現在の職業、居住地域
  • 名前等のWeb掲載の可否

判断に困ったら?

各々の開催の趣旨・企画内容に応じて、収集すべき情報は変わることがあります。例えば、

  • 使用する会場の条件で参加者名簿を作らなければならない
  • 合宿形式をするために食事の制約、喫煙の有無を確認しなければならない

など。その場合、上記の原則に立ち戻り、

  1. 何を収集するか各々の準備会で検討
  2. 判断に困る場合は、MLなどで広く検討

としていきます。

参考情報


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Fri, 24 Dec 2010 11:44:11 JST (2256d)