Top > about > 新型インフルエンザ対策

高専カンファレンスの新型インフルエンザ対策について

2009.5.6作成

ニュースで世間を騒がせているように、新型インフルエンザが発生しており、パンデミックの可能性が危惧されています。国内でも感染の疑い例が出てきており、国内発生が確認された場合、政府より「集会の自粛」が求められる可能性があります。

そこで、高専カンファレンスでは次の方針をとります。開催担当者向けの運用ガイドラインは、開催ノウハウ参照。

高専カンファレンスの基本方針(2009.9.5更新)

次のような自体が生じた場合、開催を中止します

  1. 開催前に開催予定地での「集会の自粛」が出た場合
  2. 会場提供者の感染症対策、行動計画に従った結果、開催が困難な場合

最終的には、下記のプロセスに従い担当幹事の判断によって中止を決定します。

この方針は、2009年のインフルエンザA(ブタインフルエンザ)の流行だけでなく、その他の感染症(季節性インフルエンザ他)の流行の際にも適用します。

上記事象が発生した場合

会場提供者の窓口担当者と連絡を密にして、情報収集を進めます。また、下記の点を勘案し、開催一週間前の段階で開催可否を判断します。

  1. 開催地域での感染拡大状況
  2. 会場提供者からの要請
  3. 会場周辺地域への影響

なお、開催前一週間以内でも状況が悪化した場合は中止判断を行います。

開催の中止の最終判断は、該当開催の実行委員長(実行委員長を設置していない場合には当該開催の責任者)が行うこととします。

中止になった場合は

このWikiにて告知するとともに、参加予定者には担当幹事からメールにて連絡します。

参考


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 05 Sep 2009 16:41:50 JST (2646d)