Top > 開催ノウハウ > 募集ツール

途中

募集ツール

参加者を募るためのツールには、以下のものがある。 開催趣旨や規模によって利用ツールを変えるのが良いかと。

こくちーず

こくちーず>

利点

  • 参加者リストが自動更新
  • 懇親会の設定ができる。
    • 懇親会のお知らせ
    • 懇親会参加のアンケート
  • 独自アンケート項目を追加できる。
  • メールアドレスを運営側が回収できる。(後でアナウンスが可能)
  • 参加者は最大500人まで可能。

欠点

  • キャンセル待ちがない。
  • 広告が多め。
  • 参加者にアナウンスを行う場合、メールの一斉送信になる。

GoogleDocs

誰かよろしく。

wiki

開催毎に参加者ページを設けて、そこに直接記入してもらう。

利点

  • 運営が楽。

欠点

  • 申し込みのハードルが高い。(wiki記法知らないといけない。)
  • メールアドレスを運営側が回収できない。

ATND

ATND>

利点

  • キャンセル待ちが出来る。
  • 掲示板がある。

欠点

  • OpenIDがないと参加申し込みできない。
  • メールアドレスを運営側が回収できない。

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Fri, 04 Sep 2009 23:03:58 JST (2646d)